40代からの体型はそのまま痩せて見えるワイドパンツ活用術!コーディネートも紹介!

体型カバー

40代からの体型をカバーするワイドパンツのコーディネートでは、通常であればトップスに工夫を凝らすと効果的です。

大まかなポイントはこちら。

・シンプルなニットやブラウスをタックインし、ウエストを強調することで、バランスが良くなります。
・ジャケットやカーディガンを羽織ると、縦のラインが強調されスッキリ見えます。
・足元はヒールのある靴や厚底シューズを合わせて、スタイルアップを狙いましょう。
・色味はモノトーンやニュートラルカラーを基調に、小物でアクセントをつけると洗練された印象になります。

今回はこのポイントからさらに体型カバーにテーマを置いて、ワイドパンツの体型カバー術、着こなし術、コーディネートについて解説していきます!

ワイドパンツは体型カバーと動きやすさを両立する便利アイテム!
ぜひ参考にしていただきたいです!

ワイドパンツは錯覚を利用する

この工夫はすべて、他人の視覚を騙し錯覚を起こすことが土台となっています。

過去すごく太ってしまったことがあったのですが、私は錯覚コーデで周りから『え?太ってるように見えない!』と言われてきました。

脳は『錯視(さくし)』といって、状況に応じてあり得そうな解釈をします。

今日はこの錯視をワイドパンツに応用して、着こなしのポイントをお届けします。

お腹にタオルを巻きウエスト90cm超えで服を着てみました!

ワイドパンツは下腹が張り付かないかどうか

ワイドパンツを選ぶとき一番大切なのは、横からのデザインです。

重要なのは、下腹から下に降りる空間が今回お伝えする『錯覚』の土台になります。

空間を作りやすいのは、このようなサラッとした生地です。

理由は下腹ラインに生地が張り付かないからです。

人は見たものをそれまでの記憶に照らし合わせて判断しています。
だから下腹から太ももにかけてラインを拾わないシルエットを着ると、他人からはお腹がまっすぐ降りているように見えるのです。

勝負は下腹から太ももに張り付かないシルエットになっているかになります。

ワイドパンツの錯覚コーデはここから始まります。

下腹に張り付かない生地と空間があれば、ウエストインしてもお腹は悪目立ちしません。

さらに上着を羽織ればお腹はほとんどわからなくなります。

もしあなたがウエスト周りに悩んでいたらぜひ試してみてくださいね!

私は過去最高に太っていたときに気づいたこの下腹隠し術で、友人たちから太ったことを気づかれませんでした。本当におすすめです。

コットンやニットパンツ救済方法

すでにコットンやニットパンツを持っている人も多くいると思いますのでこれらの救済方法をお伝えします。

ニットパンツは下腹が目立つのでトップスを工夫しましょう。

トップスは前身頃の丈と袖幅が重要です。

隙間があって丈が下腹を隠せるトップスならアウトのまま着るのがおすすめです。

裾幅に余裕があるので横向きでもそれほどお腹は目立ちません。

問題は前のインです。

前をインするとかえって目立つお腹になります。

前身頃の丈は1~2センチ変えるだけでお腹が目立たなくなります。

体型カバーをするインの方法の基本は2つあるのですが、

1つめは一度ウエストインを折って その中にインをする
2つめは手縫いや布用テープで止めておく

今回はさらにベルトを使う方法をご説明します。

お腹を目立たなくする体型カバー術

元々はウエストが細い人向けに開発されたベルトで、緩いパンツやスカートを止めておくものです。

これを前イン用に使用します。

使い方は前インしたい箇所にベルトを巻いて、前見ごろを下からはさんで入れるだけです。

後ろはアウトでもいいです。

前を少し引き出してお腹周りに空気を入れたら完成です。

こうすると横から見てもここに隙間ができるのでお腹が本当に目立ちません。

タオルを入れているように見えないですよね?

でもちゃんと入っています。

この時点でもうすでにお腹は目立ちませんが、まだまだウエスト周りが気になる人はカーディガンを羽織りましょう。

カーディガンのコツは、中の色と同系色を選ばないことです。

色のメリハリがつくとさらに着やせして見えます。

コットンパンツも肉を拾いやすいですが、コツは同じです。

下腹開始地点までカバーできる裾まわりに、余裕があるトップスを着るか、下腹ベルトで前身頃の位置を調整するか、または少しお腹が目立っても良しとするか…

その時々のお腹の出っ張りで具合で決めていきましょう。

ゴムベルトはお腹がきついパンツを留めることもできるので、1本持っていると本当に重宝します。

トップスを選ぶときの注意点

最後はトップスの注意点です!

ワイドパンツとトップスは同じ色にするといつもよりほっそり見えます。

ただしワントーンコーデは1つだけ注意です。

それは上から下まで同じ色だと間延びしてしまうこと。

それを解消するためにはウエスト切替え位置にちらっとインナー(またはTシャツ)を見せることです!

ウエスト位置に切り替えができることでどこが腰なのかがはっきりします。

この切替えが色面積でI型をつくりつつも、間延びを解決するコツです。

ワイドパンツは太ももからお腹までラインを拾わないので、トップスはコンパクトな丈だと足が長めに見えます。

シルエットはボックス型やX型またはA型でもいいですが、大きすぎるものや長すぎるものは避けましょう。

これらは体全体を太く大きな面積に錯覚させてしまいます。

人間をはじめとした脊椎動物の視覚機能には『隠れている部分は脳内で補完する』という機能があります。

だから痩せているところを出しておけば、人間は『細い』と錯覚して太いところが見えていたら『この人は太い』と認識してしまいます。

ワイドパンツで錯覚を利用するならトップスは『やや丈は短め』『腕先は出す』 ワントーンなら『腰に切り替えを入れる』

この3つがトップスのコツとなります!

ワイドパンツが好きな人はぜひ試してくださいね。

まとめ

同じ体重なのに上着を羽織った時に痩せて見えたのが私の錯覚コーデの始まりです。

太っていた頃、体に合わせてキレイに着ることを意識したら意外におしゃれに見えました。

オシャレに見せることばかり気を取られていた私でしたが、自分の体を受け入れて向き合うことが迷子からの第一歩でした。

それからは服のサイズを大きくし、気になるところは隠すことを考えるようになりました。

今は色んな人が色々なことを言いますが、あなた自身が納得できる素敵な着こなし方が見つかったらいいなと思っています・

朝家のドアを開けたとき、気分が明るくなり世界は今日も美しいと感じられたらいいですよね。

下腹を気にしつつも美味しい食べ物を楽しんで、1年1年素敵に年を重ねていきたいです。

今日も最後まで見てくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました