40代のシャツワンピースが部屋着に見えないコツ!コーディネートも紹介!

便利テクニック

オシャレ大人になれるかも! と買ったシャツワンピース。

意気揚々と着てみるとパジャマに見えてしまう、そんな失敗をしたことはないでしょうか。

私も何度も試着室で絶望してきた1人なんです。

そんな紆余曲折な出来事があってから、いろいろと試行錯誤し今日お伝えする3つの極意は、騙されたと思って一度実践してほしいです!

シャツワンピースが必ずあか抜けます

シャツワンピースを部屋着に見せない黄金ルールはたった3つ

1 開ける 
2 まくる 
3 抜く

本当にこれだけ。

前開けボトムスやブラウジングのコツも合わせてお伝えしていきます!

シャツワンピースほど着こなし方で変わるアイテムもないですね!この機会にシャツワンピースを攻略してしまいましょう!

あか抜けシャツワンピースの着こなし術

それでは実際にシャツワンピースの着こなし方をお伝えしていきます。

シャツのボタンを開けて胸元をきれに見せる

シャツのボタンは2~3個開けていきましょう

インナーは見えていいものを用意してくださいね。

ボタンは4個は開けすぎになってしまい、お腹の段々が見えかねません。

胸元のVゾーンを作ることで縦のラインが強調されて、思った以上に上半身がすっきりする効果がでます!

次は腕まくりをしましょう。

シャツの裾をまくって腕先を見せることがポイントです。

お好みでアクセサリーをつけてもいいですね。

それほど脂肪がつかない手首を見せることによって、これだけでかなりあか抜けて見えるようになります。

そのまま着ると首から胸元にかけて詰まっているように見えてしまいます。

実はこれが野暮ったい正体なんですよね。

これを解決するやり方は簡単です。

背中側の布をつまんで少し引っ張るだけ。

こうすると背中側に空気が入り、ワンピースが馴染むのです。

肩回りの詰まりも抜けるのですっと体に服が馴染むようになります。

なんか野暮ったいなと感じたら、背中を抜く。

この方法はリラックス感が出るので本当におすすめです。

①開けて②まくって③背中を抜く

この3つがシャツワンピースの極意です!

慣れたら簡単に着こなしの習慣になりますよ!

ブラウジングと前開けボトムスのコツ

今日はさらにブラウジング前開けボトムスのコツをお伝えします。

ブラウジングはウエストのどの位置で行うかで雰囲気が変わります。

例えばあまり下過ぎるとスタイルが悪く見える時があります。

必ず鏡の前でどの位置が一番腰が高く見えるかを確認しましょう!

個人的には自分が思っているより、ほんの少し上でのブラウジングがおすすめです。

腰が高く見えスタイルアップになります!

バッグをレディなものにすれば、お呼ばれにも着ていける服になります。

後ろはたっぷりとたるませてブラウジングしても大丈夫ですよ!

次に、前ボタンを開けたボトムス合わせは今っぽくてお勧めのコーデ方法です。

すべてのボタンを開けて着ている人も多いのですが、下腹が出ている私はお腹周りが気になってしまいます。

そこでお勧めなのがウエスト位置のボタンを1~2個だけ留めること。

こうするとお腹周りがカモフラージュされます。

ウエスト周りが気になる方はぜひ試してみてくださいね。

ボトムスを合わせるときのコツはあと2つあります!

ヌーディなサンダルを合わせることと、中に着る服の色はコントラストをつけることです。

サンダルで抜け感を出して、色のコントラストでメリハリをつける。

これがボトムスを合わせるときの最大のポイントとなります。

お洋服はそのまま着るとどこか固い印象になります。

今日のコツは自分の体に服を寄せリラックス感を出す方法です。

40代になりパツパツだった胸元の肉はなくなってしまいました。

でもデコルテをVゾーンにすれば、洗練された雰囲気を作ることができます。

背中を抜けば空気が入り、丸くなった体をきれいに整えてくれます。

ワンピースの裏技

40代になり、ちょっぴりワガママになってしまった体をうまく隠してくれるワンピースは万能アイテムです。

この服を間延びせず痩せ見えさせる重要なコツがあります。

それは、胸元に逆三角形地帯を作ることです。(この方法はワイドパンツなどのI型シルエットにも有効です)

ワンピースは、体型カバーとお腹が苦しくないという40代の私には毎日着てもいいくらい大好きなアイテムなのです。

逆三角形地帯を作る

コツは簡単です。

シャツワンピでは、胸元を開けるとVゾーンができて、洗練して急にスッキリ見えることをお伝えしました。

この三角地帯が身体の縦長効果を高めてくれます。

でもワンピースなどでも胸元を開けられない服があります。

さらにワンピースは下まで色が繋がっているので、間延びし体が大きく見えることがあります。

そんなときにVゾーンを作るアイテムが、ネックレスです。

コツはやや長めのネックレスを用意すること。

そして先端が三角形になっているものならなお良しです。(長めなら基本何でもOKです)

ネックレスを入れるだけで一気に間延びが解消していることが一見してわかると思います。

さらにもたつき感も軽減してくれます。

ワンピース以外、例えばニットとロングスカートのコーデでもこの方法は有効です。

ネックレスは軽めのものが肩が凝らずおすすめです。

ここまでは手持ちの服を生かすコツですが、次は購入時のコツをお伝えします。

ワンピース購入のポイント

次のポイントを知っておくと、ネックレスがなくても体のラインがきれいに見えます。

・1つ目は胸元にVの切れ目があること
・2つ目は胸元に装飾やカッティングなどデザインが入っていること

このどちらかで全体のラインが本当に変わります。

新たにワンピースを購入するときは、Vの切り込みや装飾を意識して試着してみてくださいね。

痩せ見えだけで選ぶとおしゃれが楽しくないので、覚えておくことは2つです。

胸元の三角地帯と、ちょうどいいのは体と服の間にふんわり空気が入るシルエット。(冬は足元を重ためにするとバランスが取れます)

これだけを考えたらあとは自由に好みのワンピースを選びましょう!

着ていても気が楽でおしゃれに見えたらこんな嬉しいことはないですね!

まとめ

年齢にあらがうことはできなくて、ちょっぴり悲しいなあと思うことがときどきあります。

でも大人にこそ似合う着こなしがあることを知って、私はしんどさから抜け出せました。

あなたがもしエイジズムやルッキズムに苦しんでいたら、いつかきっと抜け出せますよ!と伝えたいです。

これからもお互い肩の力を抜いておしゃれを楽しんでいきたいですね。

女は色々あるけれど一緒に頑張りましょう!

今日も最後までお読みくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました