40代からの夏から秋までの変わり目コーディネートを紹介!

便利テクニック

残暑が厳しい夏の終わると、街中やお店のファッションはなんとなく秋の雰囲気が漂ってきます。

そんな時に私が工夫しているのは「色」「重厚感」「羽織り」です☆季節の変わり目は絶対に新しいものを買わない私の小さな工夫を紹介したいと思います。

秋冬ものを買うには早い季節の変わり目ですので、夏から秋への季節の変わり目コーデは3つのポイントを抑えれば、服を買わなくても秋っぽくすることが可能になるんです。

さらに、アクセサリーやスカーフなどの小物も活用すると、おしゃれに季節の変わり目を楽しむことができます。

今回は、夏から秋への季節の変わり目の、何を着ていいのかわからなくなってしまう問題を解決できるテクニックを紹介したいと思います!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

焦ってお買い物に行く前にぜひ参考にしてみてください!

夏から秋のコーディネート3つのポイント

それでは実際に、夏から秋へのコーディネイトのポイントを3つ、紹介させていただきます。

40代以上の女性の夏から秋にかけての季節の変わり目コーディネートでは、薄手のカーディガンやジャケットを羽織ることで、気温の変化に対応できます。
秋口は色使いも大切で、秋を意識した暖色系や深みのある色を取り入れることで季節感を演出できることがポイントになってきます。

配色をチェンジする

夏は爽やかな寒色や無彩色を着る人が多いですが、9月に夏服そのままだと少しだけ違和感が出ます・・・

そんなときに最初に変えるといいのは配色を暖色へチェンジすること!

おすすめはブラウン系やカーキ系です。

素材は夏物でもこれだけで秋が漂います。

それでは実際に着比べてみましょう!

ボトムスは夏でも涼しいシルクパンツを着用します

まずはこちら素材はポリエステルのノースリーブなので、涼しい夏素材です。

ですが、トップスの色を変えただけでぐっと秋っぽくなりました。

トップスが秋の色になると、足元がサンダルでも充分スイッチコーデになります。

ちなみにこちらは私がよくする夏の普段着コーディネート。

スーパーへ行くときはこんな感じです。

もっと涼しくなった時は Tシャツからニットに変えてみます。

そうするだけで、より秋の雰囲気が増してきます。

お手持ちの服にひとつでも茶系があれば、9月最初のコーデは乗り切れます!
ぜひ試してくださいね!

足元を重めにする

ポイント2つ目は、もう少し季節が秋に入ってきた時期に試していただきたいコーディネートなのですが、足元を重めにして秋の雰囲気を出します

特にお勧めは、足元にショートブーツを持ってくることです。

たとえばこちらのガウチョパンツ。

夏はTシャツやリネンシャツに合わせていましたが、夏から秋にかけてはトップスを秋色にし、その後もう少し気温が下がってきたら次は足元をブーツに変えます。

こうするとすっかり秋のコーデです!

夏服から秋へとつなぐ2つ目のステップでは、足元を重ためにすると夏服が浮きません。
ちなみにブーツには黒などの靴下を履くと、肌見せの長さを調整することができます。

ショートブーツはこの方法が意外と便利です。

続いてTシャツにスカートとサンダルのスタイル。

配色は寒色のままですが スカートの素材をウールに変更しました。

さらに肌寒い日はブーツへ変更します。

ロングスカートはブーツとの相性がいいのでお勧めです。

最後にジャケットを羽織れば夏の終わりの秋コーデが完成です。

トップスを重ね着仕様にして足元は重めにします。

9月はこうして手持ちの夏服に 秋冬の服を少しだけ足していく、これが季節の移行時期のコツになります。

小物を秋物にチェンジする

重厚感は足元だけでなく小物も大事な要素です。

バッグを麻素材から革素材へ変えるだけで、季節の変わり目コーデに深みが出ます。

革のバッグは持つだけで重厚感が出るので、涼しい夏服のまま見た目だけ秋への雰囲気が生まれます。

さらにバッグの色と合わせてストールを巻くと、おしゃれさが増します。

秋になったら、いよいよ冬の小物を出す時期になりますね。

季節の変わり目に便利なアイテム

季節の変わり目に1枚は持っていたいもの、それはジャケットとカーディガン

この2つは本当に便利です。

夏の終わりのカーディガンコーデ

カーディガンはお洋服を選ばず、優しい雰囲気にさせてくれますが、1つだけ着こなしの注意点があります。

それは中に着る素材によってカーディガンの厚みを変えることです。

中の服が厚めなら、シアー素材のものがお勧めです。
着ぶくれを防いでくれます。
シアー素材でなくても薄めの生地であれば太って見えません。

カーディガンを着るコツについては、また別の記事で紹介したいと思います。

残暑が厳しい時は、薄手のカーディガンがとても便利です。

黒や紺色の夏服が多い人は、暖かみのある色を羽織るだけで秋の雰囲気コーディネートが完成します。

私はネイビーのワンピースが好きなので、ベージュ系のカーディガンを合わせることが多いですが、深いグリーンのカーディガンも秋っぽくなり素敵です。

カラーカーディガンをお持ちの人は、ぜひ使ってみてくださいね。

夏の終わりのジャケットコーデ

ぴりっと辛口にしたい時はジャケットも便利です。

カーディガンはフェミニンな印象ジャケットは大人っぽい印象になります

メンズライクなカーキジャケットは、カーディガンと同じく初秋の時期に重宝する羽織りものです。

もしお手持ちの服にあったら ぜひ活用してみてくださいね!

秋のコーディネイトまとめ

秋のコーディネートのポイントは、秋色や、革素材の小物を投入し、便利な羽織ものを持つ

ということになるのですが、以前の私はこんな簡単なことに気が付くのに ずいぶん時間がかかってしまいました。

ですがそれに気が付いた今、涼しくなっても服選びに慌てることがなくなったのです。

夏は肌見せとアクセサリーがあれば、たいていおしゃれになるし、冬はコートとバッグが洒落ていたらそれなりに見えるのに、春と秋はなにをどう着たらいいのかわからない時期が続いていました。

手持ちの服を工夫できるようになると、急に季節の変わり目でも楽しくおしゃれできるようになったんですよね。

さらに季節が進んだら、暖かみのあるキャメルを合わせたり、残暑があるときは色だけ変えてみたり、自分なりのおしゃれのコツをつかめると、新しい洋服を買わなくても着回しができるというのは本当に便利です。

買うのは本当に足りないものだけか、自分の好みにバッチリ合ったアイテムだけで十分です。

季節が変わっていっても、自分らしいおしゃれが完成することはとても楽しいことです。

今年の秋も、自分のベーシックを楽しみつつ秋のファッションを楽しんでいきたいですね。

今日も最後まで見てくださり本当にありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました